事業紹介

ARE アレ

AREとは?

AREは、大切な方が目の前で息苦しそうにしている時、倒れて息ができなくなっている時など一瞬の余裕もない、もしもの時の呼吸を安定させるために開発しました。
救急車が来るまで平均8分以上かかります。あなたは、その間にAREを口にはめてあげることができます。
AREは弱い力でも空気が取り込める構造になっており、自分で空気を吸えない場合は、AREをはめた上から人工呼吸も安全に効率よく行えます。

AREの特長

  • ① 口の中に入れると頬が持ち上がり、口腔内に広い空間をつくる
  • ② 弱い力でしっかり空気が取り込める構造
  • ③ 装着時間約30秒でサッと装着
  • ④ 取り出す時間約3秒で歯や歯茎への負担をかけずに素早くソッと外せる
AREの使い方
使用方法
  • AREをコの字に曲げる

    患者の口に入れやすいようにコの字に曲げる

  • 舌小帯押圧板をはめる

    舌を上げてもらい舌小帯に舌小帯押圧板をはめる

  • 歯牙または歯茎にはめる

    下あごが通常より前方に固定されます(無歯牙でも効果は変わりません)

下あごの落下を防ぐためAgoo・de(アグーデ)の併用をおすすめします

● お手入れ方法 ●

使用後は、必ず流水でよく洗浄してください。洗浄が不十分ですと雑菌・カビが発生し、健康被害を招きます。洗浄後は熱、直射日光、凍結を避けて、完全に乾燥させてから保管してください。

関連商品:Agoo・de(アグーデ)
下顎が下がらないように優しくしっかり下顎を持ち上げるバンドです。ストレッチ素材でほとんどの頭の大きさにフィットします。 装着がカンタンでつけ心地が優しいアグーデは、下顎を引き上げる必要がある歯科矯正や睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置をお使いの方にも便利に使用できます。 下顎ホルダー「楽chin」だけの販売もできます。