お知らせ

トップページ > お知らせ > 未分類 > 秋広先生との会話

最新情報

秋広先生との会話

2019年11月11日

畑中麻里です
お久しぶりでございます。

先週の土曜日の朝、秋広先生から電話を頂き、何かと話し込んでしまい、ふと時計を見ると2時間近くも話していました。
製品の開発・素材・製造・販売の話になると、いつも止まらなくなるのですが、今回は歯科医療から地球の環境を守るムーブを起こしたい、という話になり、地球環境と歯科医療環境を同時に守るに取るべき行動とは?という話で秋広先生はヒートアップしていました。
秋広先生は、
「全身を診る上で口は欠かせない。
口を診ることができないなら、本当の健康の話はできない。」
ということをずーーーーーっと言い続け、歯科医師の立場、歯科医師の活躍の場、歯科医療環境を今よりもっともっと・・・と、そのための研究開発をし続けられていますので、話にも迫力があります。
秋広先生は、今、呼吸と歯周病について この2つのテーマについて新たな視点から患者を救うための活動モードに入られています。
その論理はなかなか難しく、私の今の知識では、到底理解に及ばないのですが、しかし今の時代だから解明できる可能性がある、不確かだけど、おそらく素晴らしい発見ではないかと思われました。ワクワクするような良質の予感がしています。
秋広先生の仮説を立証し 新しい常識をお知らせすることができる日は、そう遠くならない、と信じています。
なぜなら、とても必要なことだから。
想像できる力は 未来を創造する力です。
今のままではダメなんだ。
秋広先生の発想力は、私は歯科医師である、というプライドが根底にあることを感じています。
単なる長電話は、あまり得意ではないのですが、議論はとても楽しいなぁと思った週末でした。
さて、今日は月曜日、みなさまにとって楽しい1週間になりますように。