睡眠中のよだれに口のトレーニングは効果がありますか?

「睡眠中によだれが垂れて枕が濡れてしまう。」
このお悩みは年齢や性別に関わらずとても多いご質問の一つです。
そして、よだれは多くの場合、口のトレーニングで解決されやすいことの一つです。

睡眠中のよだれは、実はとてもシンプルな理由です。
口が開いているから唾液が口から出てしまう。
唾液が口から下方向に向かって垂れるために枕が濡れる。ということになります。
唇をぴったり閉じて眠れるようになると、口の中の唾液は口から出なくなります。とてもシンプルです。ぜひ、口のトレーニング クチトレをスタートされることをおすすめ致します。

よだれ(流涎)の問題は、病気疾病等の後遺症で口の機能が低下してしまった方、口の発達に遅れのある子どもにもあり、日常的によだれが垂れている、喋る時によだれが垂れる等、生活の質に関わる問題となっている場合、食事の時によだれが垂れて飲み込みに不具合が生じている等、生きることに関わる重大な問題となっている場合もあります。

私たちがおすすめしているクチトレは、唇をぴったり閉じていることができる基本的な力をつけるトレーニングです。
何年も何十年も抱えていたよだれの悩みを解決した人たちが思ったように、誰にでもあなた自身の中に可能性は十分にあることをクチトレを行うことで実感して頂きたいと思っています。
口の機能に障がいのある方のトレーニング方法については、お問い合わせよりご相談ください。

クチトレプラスのご購入はこちらから